89式小銃 質問実銃89式高価な理由以下の中でどれだ思か

89式小銃 質問実銃89式高価な理由以下の中でどれだ思か。③海外に輸出しないから生産数が少ない↓②生産数が少ないから材料調達費が高くなる↓①生産数が少ないから開発費や、生産設備費の人件費の固定費も単価に乗っかってくるし、なかなか量産効果が出ないという点が問題なんだと思います。質問、実銃89式高価な理由以下の中でどれだ思か

①コスト掛る

②素材高い

③海外輸出ない 質問実銃89式高価な理由以下の中でどれだ思かの画像をすべて見る。89式小銃。これは製造を担当する豊和工業の経営?生産能力の問題なのか。発注側の防衛省
の予算問題なのか。 また。製造数を増やすことで低価格化が実現できるのであれ
ば。次期小銃は民間バージョンを作って海外市場へ銃と弾丸。大体銃刀法で「拳銃。小銃。機関銃。砲。猟銃その他金属性弾丸を発射する機能
を有する装薬銃砲及び空気銃圧縮 ガスをとなってい 多数の弾丸を射撃でき
敵制圧力の高い突撃銃は。第二次世界大戦後。世界中の軍隊の軍用小銃の主流と
なった。現在。日本の自衛隊に選定され使用されている式小銃や。式小銃も
突撃銃のカテゴリーに属する製品である。最終工程の弾のクランプ
締め付けです 火縄銃の弾丸の通る。穴の作り方について。 さん 質問
日時。

強化プラスチックを使って約1kg軽量化された「ハチキュー」陸上。本連載では。ここでは。そのなかからいくつかを紹介しよう。今回は。陸上
自衛隊が使う日本のアサルトライフル「式㎜小銃」である。
◎貝方士英樹撃ちなどのさいに銃が安定して便利だ
。 室内射撃場での実弾射撃訓練。式を射撃するのは即応予備自衛官だ。内燃
機関超基礎講座型気筒という奇妙なエンジンの理由[ホンダ]
内燃機関超基礎講座ホンダ エンジンのコンロッド 高い燃焼圧と引っ張り時の

③海外に輸出しないから生産数が少ない↓②生産数が少ないから材料調達費が高くなる↓①生産数が少ないから開発費や、生産設備費の人件費の固定費も単価に乗っかってくるし、なかなか量産効果が出ないという点が問題なんだと思います。※個人的には+αで調達に際して忖度が働き値段が+されている様な気がしますけど笑実際問題、日本では殆ど需要のないライフルですが、豊和のボルトアクションのM1500ですけど、レミントンのM700よりも安いです。※海外では1000ドル切って変えますけど、日本だと何故か20万円以上するwなんかここら辺のこと考えると忖度が働いている気がして仕方ありません。3番ですね。89式小銃は国産の小銃。自衛隊だけに専用に作られた小銃です。エアガンとかではレプリカ品として、世界に幅広く回っていますが、実銃は世界にはありません。また、89式の生産コスト、共に素材は安いですね。樹皮とプラスチックで出来ているんでしたっけ?8割のパーツがなので、水場に浸しても故障の心配は低いとかなんとか.①が全てじゃないかな。日本の場合、会計システムの都合上、一括して大量購入することが難しく、少量ずつ生産して毎年調達する、ということを繰り返しています。こうすると企業側は利益を出しにくく、価格に工場生産ラインの維持費を上乗せせざるを得ず、おのずと高価になります。ただ、軍用銃は日本のように調達の仕方次第で価格は大きく変わりますので、日本だけ高価というわけでもないです。例えば米国海兵隊の時期歩兵小銃のM27は2000ドル、輸出をよくしてるはずのFA-MAS G2やステアーAUGは、それぞれが3000ドル、2500ドルと、89式に匹敵するぐらい高価な軍用銃はけっこうあったりします。①89式は異常なまでに高性能を目指したので、高額になっている他国のライフルでは連射機能はフルオートか3点射のどちらか1つだけなのだが、89式はどちらでも使える。さらに、3点射は連射中に引き金を離して1発や2発だけ撃った場合もリセットする機能があり、他国のライフルでは搭載されていない。まず「③海外に輸出しない」は結果の1つであって、元々の原因?理由ではないですね。「①コストが掛る」が全てでしょう。単年度契約で量産効果が出せません。最初から注文数が僅かですから設備投資が極小で済みますが量産前提では無いので何年生産が継続しても単価は高いままです。毎年、少量の注文ですから、コスト低減の動きにもなりませんし、高くても注文がダラダラと続きます。儲かる業態でも無いので競合他社の参入はほとんど無く、低コスト化だけでなく性能改善も含めてあらゆる向上へのモチベーションが生まれません。最初から海外で売れる要素が無いので、輸出販売への試みも真面目には行われません。極論を言えば1がすべてですが、サイクルを並べると1販売数が自衛隊海保警察に限られて輸出ができない→量産効果が出にくい2防衛予算等はかつかつなので大規模発注ができない。防衛省背広組の保身のためか大規模一括契約ではなく単年度発注のため大規模量産の設備投資ができない。→量産効果が出にくい?大規模発注と比べて企業側が値引きしにくい。3大規模量産をしないので、大規模量産に適した方法で生産しなくて良い→プレス加工ではなく削り出し単価アップ、単価が高くても買ってくれるので無理に安くする必要もない。4競合がいないに等しいので、積極的なアップグレードをしなくて良い→中途半端?時代遅れの性能のまま生産が続く生産数が少ない。→素材等部品の単価が高くなる。→手間のかかる工程が多い→人件費がかさむ。→トータルコストがかさんで高価になる。それをひっくるめて③ですね?。その全てと共にほぼ手作業で作っているから高いのです。外国の銃器製造会社ではプレス加工で部品を作っていますから安く製造出来ますからね!兵器と言う製品は大量の交換部品が必要なのに防衛省は交換部品を殆ど調達しません。故障しても交換部品が無いから修理出来ないし予備兵器も無いから交換も出来ない。1度に大量に調達して定数を満たした後は交換部品と予備銃器を調達すべきなのです。いまだに海空自衛隊は旧式の64式を装備していますし予備自衛官に持たせるのも64式のままですからね!陸上自衛隊の自衛官定員は約15人ですが89式を装備しているのは第1線部隊だけです。陸上自衛隊は最低でも自衛官定員の1?5倍の89式は必要なのです。予備自衛官が約4万人いますからね!まあ③だと思いますね。国産の装備は輸出しない関係上、需要先が自衛隊ぐらいに限られてくるので、量産によるコストカットがそんなに期待出来ないですからね。①②③で負の連鎖を起こしてるって事でしょう。海外に売れないから、生産数が少ない。生産数が少ないから、素材の価格も下がらない。素材の価格が下がらないから、コストも上がる。の悪循環。同盟国であれば販売しても良いと思うけど、新規参入で太刀打ち出来るかどうか。甚だ疑問…

  • 失敗しない 直視する前もプロジェクターがあるのに気づかず
  • 2020SSを語る このNIKEのスニーカーの販売名が分
  • web制作 とにかく時給は高くなくてもいいので確実に未経
  • 怒りすら覚える 友達と遊ぶときのお金も全て自腹で払ってい
  • ビジネス特集 日本の中小企業が半減すれば失業者はどれくら
  • - No Comments on this Post -

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です