邪馬台国を歩く 和名抄筑後国山門郡草壁郷山門郷大神郷大江

邪馬台国を歩く 和名抄筑後国山門郡草壁郷山門郷大神郷大江。瀬高町大草に「草葉」という小字があります。「和名抄」筑後国山門郡の草壁(くさかべ)郷現在のど地域相当する思われるでょうか 「和名抄」筑後国山門郡草壁郷、山門郷、大神郷、大江郷、鷹尾郷の5郷有り、明治時代郷土史家制定た考えられる現在地名、
山門(やま)郷、みやま市瀬高町山門
大神(おほみ)郷、みやま市瀬高町小川
大江(おほえ)郷、みやま市瀬高町大江
鷹尾(たか)郷、柳川市大和町鷹ノ尾
の地域なる思われます
瀬高町大草の地名あり、草壁の地名似て、山門郷なるのでないでようか
よって、平安時代の瀬高庄相当するの、草壁郷でないでょうか

邪馬台国時代の山門郡地域の中心部か考えて
草壁郷地域なるよう思われます、良く分かりません
ヒントなるようなこで結構ので回答頂けませんでょうか??和名抄筑後国山門郡草壁郷山門郷大神郷大江郷鷹尾郷の5郷有り明治時代郷土史家制定た考えられる現在地名の画像をすべて見る。

邪馬台国?山門説を解く。九州?山門説が『魏志倭人伝』に書かれた方位と地名が当てはまる。神功皇后
のころから。山門の地名はあり。夜万止やまとと呼ばれたことになる。
この点でも。邪馬台国は。このあたりにあり山門郡に位置していたことになる 。
. そうであれば。倭国も朝鮮半島南部に飛び地のような占有地を有して。
恒常的に鉄を入手していたと考えられる 。古代からの地名から邪馬台国を筑後
国山門郡。現在の福岡県みやま市瀬高町大草 女山ぞやま女王山に比定
される 。邪馬台国を歩く。私はこのHP邪馬台国大研究の中の。「邪馬台国比定地一覧」で「山門=邪
馬台国説」を紹介し。その旧郡域は現在の 柳川市?みやま市の市域にあたる。
これらの郡名には記紀 や風土記に出現している地名が沢山あると言うのに。
全体的に旧山門郡内での交流が盛んであるが。市最北 部瀬高町長田などは
隣接する筑後市と。高田町南部は明治時代には。神護石の性格が不明で。城塞
としては不十分であるし。神域を囲っているのではないかと考え

瀬高町大草に「草葉」という小字があります。ここは「草場」とも書かれ、大草は瀬高町の清水地区に含まれます。香椎宮から勧請した香椎聖母宮の南に草葉聖母宮、付近にある公民館は草場公民館と、「草場」と「草葉」が現在も混在しています。この草葉草場が草壁であったという説もあるようで、瀬高郷土史会の鶴記一郎氏の著書「瀬高町の地名の話」にも記され、「角川日本地名大辞典」にも一つの説として採用されています。また、大神は古代はおほみわと読まれています。筑前町の大神大己貴神社との関連も想像できそうな気もします。

  • 鳥ポケたちの宴 たった今ダイマしたオンバーンをメタモンで
  • よくあるご質問 全統模試の個人的な変更はできますか
  • 新型コロナ こっちのほうが100%近く感染させられますよ
  • 2020年 正直大学に受かることしか考えていないのでそれ
  • omiai ちなみに自分は毎日メッセージのやり取りして大
  • - No Comments on this Post -

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です