選挙のあゆみ なぜ衆議院ついて1946年の選挙だけ中選挙

選挙のあゆみ なぜ衆議院ついて1946年の選挙だけ中選挙。これは幣原内閣の堀切善次郎内務大臣が改正案を作った。なぜ衆議院ついて1946年の選挙だけ中選挙区でなく大選挙区なのか 選挙について:よくある質問:参議院。「拘束名簿式比例代表制」とは。有権者は政党名で投票し。各政党の議席数は
得票数に応じて配分され。当選者はあらかじめ各政党から提出されている名簿の
上位から決まっていくという仕組みです。 これに対し「非拘束名簿式比例代表制
」衆議院選挙制度の変遷。明治年に財産資格の制限が緩和されて選挙権が拡大されました。それと
同時に,選挙制度も小選挙区制に変えて府県単位の大選挙区制ただし市の区域
は府県から独立した選挙で振り返る戦後日本前編。年。通算回目の総選挙の結果。社会党が衆議院の第一党になり。片山哲
委員長前列中央を首相とする内閣が成立。 戦前も含めて。社会党から首相が
選ばれたのはこの時が初めて。 《年》 バカヤロー解散

総務省。小選挙区選挙と比例代表選挙が。同じ投票日に行われます。総選挙は。衆議院
議員の任期満了年によるものと。衆議院の解散によって行われるもののつ
に分けられます選挙のあゆみ。日本で初めての選挙が行なわれたのは。年明治年の衆しゅう議院
議員選挙のときです。その前年に大日本帝国憲法けんぽうが発布はっぷ
されています。 ただ。この選挙では。投票できる人は。直接国税こくぜい

これは幣原内閣の堀切善次郎内務大臣が改正案を作った。GHQにやらされる前に自主的に行った方が日本側の意向をより反映できると考えたためだ。周知のように、この改正で、男女とも満20歳以上に選挙権を与えること被選挙権は25歳以上の男女と都道府県単位の大選挙区制の採用となった選挙は制限連記制で行われた。 年齢を下げたことと婦人参政権は民主化のための導入であった、大選挙区は既存の政党の代議士の地盤を掘り崩そうと堀切が考えたためだった。かって第1次近衛内閣の時、同様なことが考えられたように革新官僚には既存政党の腐敗などで不信感が強かったためだ。これに対しGHQではこの改正に口出ししなかった、それは基本的にこの改正が民主化の方向性をもっていたし、別途「公職追放」という伝家の宝刀を準備していたからであった。選挙の直前、旧大政翼賛会関連の議員などの多くが追放された。特に進歩党は幹部クラスが軒並み追放された。ただしこのあとの第1次吉田内閣で再度選挙法は改正され、戦前と同じ中選挙区単記制にもどされた。つまり大選挙区の選挙法は1年たらずの寿命しかなかった。参考文献村瀬信一著、『帝国議会』講談社選書この時の国会は憲法の審議のための国会だったため。中選挙区だと少数意見が捨てられるので、全国民会議の体裁となるように大選挙区としている。小選挙区反対と叫んだかっての若者からすればもともとは、連合国の意向もあり、民主的な国に変えるためには、少数派もそれなりに尊重できる制度が良かったのよ。例えば、A.B.C.D 四つの政党があり、支持者はそれぞれ、40% 30% 20% 10% だとすれば、日本全国を一つの選挙区で選挙をやれば、議員は、4:3:2:1 の割合になるよね。でも、4割を取った政党は、他のヤツは邪魔だ、として選挙区を細かく分けて、定員を1名にしちゃいました。これで、人口の40%の支持を持つ政党は、全ての議席を確保できます。邪魔者はいなくなります。その理想を実現するために、ゴリ押しでより小さな選挙区を、、、今もまさに実現に向かっているところです。

- No Comments on this Post -

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です